メインコンテンツにスキップ
::: ホーム   /   よくあるご質問
国立伝統芸術センターの主な業務について教えてください。
国立伝統芸術センターでは、伝統芸術に携わる人材育成や、伝統芸術に関連する調査、研究、保存、伝統芸術の継承や発展、伝承の支援、創作活動などを行っています。当センターの直轄機関には、国光劇団、台湾豫劇団、台湾国楽団、台湾音楽館があります。また、伝芸宜蘭園区、台湾戯曲センター、高雄伝芸園区も擁しており、現代の伝統芸術を担う人材の育成のため、良好な環境や必要な教育、資材などを提供することにより、伝統芸術の基盤の維持と活性化を図りつつ、文化資本を文化資産へと転換させ、台湾の伝統的な舞台芸術を国際的な舞台へと送り出しています。
国立伝統芸術センターは人材育成のためにどのような計画を実施しているのでしょうか。人材育成の成果はどこで確認できますか。
伝統芸術を担う人材の育成が、当センターの主要な業務です。人材育成に関する計画とその成果は、当センター公式サイトの【人才培育(人材育成)】(https://www.ncfta.gov.tw/content_69.html)で、人材育成計画や人材データベースなどのメニューをお選びください。各計画の内容とその成果についてご覧になれます。
伝芸センター所蔵のコレクションや資料の借用と申請方法について教えてください。
国立伝統芸術センターが著作財産権を有するもの、或いは当センターが合法的に授権した各種所蔵品及び資料類は、「授権申請」をすれば利用することができます。所蔵品については検索システムでお調べください。(http://collections.culture.tw/ncfta_collectionsweb/Default.aspx) 当センターの所蔵品及び資料類をご利用になりたい方は、当センターにお申込みください。「国立伝統芸術センター所蔵品授権利用作業要点」(http://www.ncfta.gov.tw/information_88_44483.html)と「計價基準(料金表)」をご参照の上、申請書と誓約書に必要事項を記入して、当センター(宜蘭縣五結鄉五濱路二段201號綜合企劃組)までご郵送してください。E-mail(d021007@ncfta.gov.tw)でのお申込みも受け付けております。 授権に関するお問合せ:電話(03)970-5815#2350
国立伝統芸術センターで実習を受けたいと思っています。申し込み方法を教えてください。
当センターでは、短期実習と伝統戯劇/音楽分野の実務に携わる人材向けに、「国立伝統芸術センター短期実習作業要点」(http://www.ncfta.gov.tw/information_88_44459.html) 及び「国立伝統芸術センター専業実習作業要点」(http://www.ncfta.gov.tw/information_88_44468.html)を それぞれのコースごとに定めています。 当センターの実習に参加を希望される方は、「作業要点の規定」をご参照ください。 ご不明な点は電話でお問合せください。 綜合企劃組(03)970-5815内線2349
伝芸センター主催の公演情報を知りたいのですが。
当センター公式サイト(http://www.ncfta.gov.tw/)の【展演節目(公演情報)】をご覧ください。ご希望の日時、公演会場、演目など、必要な情報を調べることができます。
各地の伝芸ファミリーの公演情報を知りたいのですが。
当センター公式サイト(http://www.ncfta.gov.tw/)の【展演節目(公演情報)】で「センター本部」、「台湾音楽館」、「国光劇団」、「台湾豫劇団」、「台湾国楽団」などを選択すれば、伝芸ファミリーが各地で行う公演情報を調べることができます。
伝芸センター所属の劇団を招いて公演を行いたいのですが、どのような手続きが必要ですか。
当センター所属の国光劇団、台湾豫劇団、台湾国楽団を招いての公演をご計画の方は、公式サイト(http://www.ncfta.gov.tw/)トップページ下方に各劇団の連絡先を記載しておりますので、直接ご連絡ください。担当者が詳細をご説明します。
伝芸宜蘭園区のサービスやイベントについて知りたいのですが
伝芸宜蘭園区は財団法人全聯善美の文化芸術基金会に経営が委託されています。こちらの園区に関する情報は国立伝統芸術センター伝芸宜蘭園区の公式サイトをご覧ください。(http://www.px-sunmake.org.tw/index/index.html)
伝芸資料館の利用方法と開館時間について知りたいのですが。
1. 伝芸資料館は、伝統芸術の研究者、伝統芸術に携わる方、当センターの職員を主な利用者としています。一般の皆様で当施設の利用をご希望の方は、来館3日前(土日及び祝祭日は除く)に入館予約をしてください。 (オンライン予約:http://event2.culture.tw/NCFTA/portal/ArtistSpace/R0501MAction) 2.開館時間:月曜日~金曜日 09:00-17:00  (土日及び祝祭日は休館となります。)
以前の伝芸図書館貸出カードは現在も使用できますか。
2015年1月1日から貸出カード持参での入館規定が廃止されたため、古い貸出カードは使えなくなりました。また、2016年9月以降、図書館への入館は予約制となっています。図書館の利用をご希望の方は、来館3日前(土日及び祝祭日は除く)に入館予約をしてください。 (オンライン予約:http://event2.culture.tw/NCFTA/portal/ArtistSpace/R0501MAction) 予約日に入館する際は、ご本人の身分証明書(写真付き)をご提示ください。
gotop