メインコンテンツにスキップ
::: ホーム
単語レベル
メール Close
費特兒/フェードル
費特兒/フェードル
    • 2019/03/29 14:30 ~ 2019/03/31 19:30
  • セッション
    期間
    会場
    場次三
    2018/10/31 00:00 ~ 2018/10/31 00:00
    場次四
    2018/10/31 00:00 ~ 2018/10/31 00:00
    場次一
    2018/10/31 00:00 ~ 2018/10/31 00:00
    場次二
    2018/10/31 00:00 ~ 2018/10/31 00:00

 

 公演情報 

  • 2019/03/29(金)19:30
  • 2019/03/30(土)14:30
  • 2019/03/30(土)19:30
  • 2019/03/31(日)14:30
  • 上演会場:小ホール
  • 料金:NT$500、800、1000元
  • 注意事項:
    • 本公演は中国語/英語の字幕が付きます。
    • 本公演では上演開始後の途中入場をお断りしています。

 

 プログラム紹介 

台湾国光劇団とシンガポール湘霊音楽社(Siong Leng Musical Association)による、ギリシャ神話と十七世紀のフランス劇作家ジャン・ラシーヌの『フェードル』をベースとした作品。京劇、南管音楽、コンテンポラリーダンスの融合が新しい、台湾とシンガポールのアーティストたちによる戯曲芸術への挑戦と探索。

 

 公演団体 

▍湘靈音樂社 ▍
1941年創立。故丁馬成団長が手塩にかけて育て上げ、今ではシンガポールで南管音楽を継承、発揚する芸術団体。1987年シンガポール文化賞受賞者の一人である丁団長は、団長在任期間中に南管再興のための様々な改革を打ち出し、そのたゆまぬ努力により南管は復興の兆しを見せ始めています。これまでヨーロッパ、アジア、アメリカの各都市で公演、交流を行っています。

 

▍國光劇團 ▍
1995年の創立以来、京劇や崑劇の伝統に現代意識を取り入れることを試み、「現代化」と「文学化」を創作の方向性に定め、題材は多様であり、柔軟な演出に取り組んでいます。伝統の京劇・崑劇の名作のほか、新しい作品の多くも文化界から高く評価され、数々の賞に輝くばかりでなく、鑑賞者も各年齢層に跨がっています。また、アートディレクターの王安祈、青衣(しとやかな女性役)の魏海敏、老生(中高年男性役)の唐文華、小生(若い男性役)の温宇航、花旦(活発な女性役)の朱勝麗などの劇団員も、それぞれ多数の賞を受賞。近年は若手の育成、ジャンルを超えた創作、企業界との連携などに力を入れ、台湾発京劇・崑劇の新たなブランド創りに取り組んでいます。これまでヨーロッパ、アジア、アメリカの各国に招かれ作品を上演。

 

主催:国立伝統芸術センター
協力:文化部
* 関連情報は随時更新されます。 
* 主催者の都合によりプログラムが変更されることがあります。

おすすめのアクティビティ
gotop